時代の先取りをするもの|オフィス家具で雰囲気が変わる|くつろげる会社に

オフィス家具で雰囲気が変わる|くつろげる会社に

事務所
  1. ホーム
  2. 時代の先取りをするもの

時代の先取りをするもの

社内

時代の先端を行く家具

常に時代の先端を行くものとして、服装や車のスタイルが注目されます。どこか斬新な形へと移り変わり、残されたものが古く感じられてしまうようにもなってしまいます。それと同様なことが起きているのが、オフィス家具です。このオフィス家具は、時代を先取りしたハイカラなものも登場しています。そこには常に工夫するという人間の知恵が、働く場でもあるからです。日常的に使われるオフィス家具は、使いやすさが勝負になります。そのため、時代の変化に伴って常に変化があり、大きさも変わってくることになるのでしょう。そこには、家具類を作る側にも、大きな努力がみられます。単価を上げることなく、今までより質の良い製品を提供することが、義務にもなってきてしまっているからです。

時代と共に変化する家具

企業におけるオフィス家具類の変化は、目を見張るものがあります。戦後では、木製の机でソロバン、タイプライターを使っての作業が一般的でした。ほとんどが学校方式のレイアウトであった過去があります。それがいつしかスチール製の机に変わり、パソコンが置かれ、電卓があることでソロバンが消えてしまっています。そのスチール製の机なども、グレーだった色からベージュへと変化もしてきています。オフィスのレイアウトは、島型対向式が主となり、今後はパーテーションで仕切られたオフィス作りが増えてくると予想されます。そのためオフィス家具と呼ばれる類においても、超小型化されたものから、パーテーションや大型の複写機といったものが置かれる時代になってきています。大型コンピューターの設置から、書籍棚が少なくなっているオフィスも増えてきています。